リアルモニターでできること

リアルモニターでできること

分単位における機械の稼働状況をリアルタイムで把握、記録することが可能です。
この仕組みにより、以下のような活用ができます。

  • 稼働状況を記録し、メンテナンスを効率化。
  • オペレーターごとの機械の稼働状況を確認できる。
  • →業務指導の参考資料に。また客観的に人事評価する為の材料にもなります。
  • 機械が稼働している時間、および休止している時間を記録できる。
  • →不具合で停止している時間を記録できるので、クレーム等が発生した場合に先方に提出する資料や検証する材料になる。(過去データは10年分蓄積することが可能です。)
  • 既存の機械に後付けで取り付けることが可能。 →汎用性が高く、工場のあらゆる機械に設置することができます。

機械の適正なメンテナンス時期を把握できます

例えば、10万枚(個)製造する度にメンテナンスが必要な機器の場合、生産数をリアルタイムで把握できるので9万9千枚に達した時点でメンテナンスを行う、といった使い方ができます。


機械を適正にメンテナンスすることで、生産性の向上を図ることができます。

また適正なタイミングでメンテナンスすることで、機械の故障を防ぐことができます。
→メンテナンス不良による修理といった無駄な経費の削減に貢献します。


クレームが発生した場合の分析・報告における重要なデータが取れます

10年分の生産状況を自動で記録。クラウドにバックアップします

ある製品を生産した数日後にクレームが発覚した場合、作業スタッフの方がクレーム発生分の製品を製造した日の生産状況を正確に把握しているとは限りません。

むしろ、人間の記憶は時間が経てば経つほど曖昧になるものです。

リアルモニターを使用すると、自動で生産状況をクラウドに保存するので、生産した数日後にクレームが発覚しても生産した日の状況を数値として確認することができます。

10年分を自動でクラウドにバックアップできるので、クレーム対応で生産状況を見直さないといけない場合に重宝します。

先方に提出するクレーム報告書の作成もスムーズに

クレームが発生した場合、クレーム発生製品を製造した日の生産状況をお取引先に報告する必要が生じることがあります。

リアルモニターを設置すると、クレーム報告などのシーンで報告すべき数値をスムーズ・正確に、グラフや数値でわかりやすくお客様にお伝えすることが可能になります。



オペレーターの生産実績を正確に数値化、把握できます

公正な人事評価の貴重な材料に

機械オペレーターさんの生産履歴を客観的な数値データとして取得できるので、人事評価を行う上での貴重なデータとなります。

同じ製品でも、製造する機械により生産能力は異なります。


リアルモニターでは、製造機器の生産能力を加味し、製造機械が異なったとしてもオペレーターさん毎の生産能力を公平に算出、記録することができます。

昇給や減給を決める上で、オペレーターさんに根拠として提示する資料にもなります。

オペレーターの業務改善資料として

オペレーターさんごとの、機械の稼働履歴や生産数を把握することができます。

生産状況を数値化することで、現在のオペレーターさんの生産能力を把握できます。
そして、今後の生産目標数値の設定などに活用頂けます。

また、同じ機械を操作する複数のオペレーターさんの生産実績を比較できるので、生産性の良いオペレーターさんと、そうでないオペレーターさんの違いを分析する等にもご活用頂けます。


遠隔地にある製造機器の稼働状況もリアルタイムで把握できます

本社で各地の生産状況を一括して把握

製造拠点が全国にある企業様の場合、本社にて各製造拠点の機械の稼働状況を一括で把握することができます。

センサーで計測したデータはインタ―ネット経由でクラウドにアップされますので、日本国内の生産状況を海外で把握するといったことも可能です。



スマホやタブレットでもモニタリングできます

スマホやタブレットでも、モニタリングすることができます。
リアルタイムで生産状況をいつでもどこでも確認、把握することができます。






製品に関するお問い合わせ

本製品「リアルモニター」に関するお問い合わせは、株式会社シムカまでお願い致します

ページの先頭へ